復活!「うどん部屋」@桑高祭2017


2017.9.9、桑高祭にて、アノ、アノ、アノっ「うどん部屋」!!!が1日、いや、数時間だけ復活オープンしました!

提供は、桑高同窓会(同窓会WEBサイトはコチラをクリック)☆

晴天の暑い一日、熱い篤い同窓生の活躍に感謝!!

現地から届いた写真や情報とともに、懐かしい「うどん部屋」リポートをお届けします♪

と、その前に・・・

「うどん部屋」ミニ情報!

  • うどん部屋は、1950年代の初め頃、定時制の生徒のためにつくられた。
  • その後、全日制にも提供され、腹ペコ高校生のエネ充役となる。
  • お昼には長蛇の列。授業が1秒でも早く終わってくれないかと願ったものだ。
  • ダッシュは必須。お気に入りの天ぷらをゲットできた日の幸せは格別。
  • 1988年、惜しまれつつ廃止。盛況だったのに、、(生徒にはそう見えていただけか?)

ではでは、今回の「うどん部屋」レポート、スタート!

まず、「うどん部屋」の場所は↓こんな感じ。

ここに早朝からOBOGが集結し、準備開始。

“さあ、やるぞーーー”と張り切るドアップを紹介しよう!

華の39会の‘役所広司’←(完全に自称(笑笑笑♫)) しかし意味は全く異なるが、イイ顔じゃないか!

さて、大事な大事な出汁づくりは、、、

この日の提供は“500食”!この寸胴に5杯の出汁を用意したんだって。

水を運ぶのも重労働だ~、、、何度往復したのだろう、、、ありがたや!

準備をしていると、在校生が食券を求めて集まりだした。販売開始にはまだ早いぞ。

あまりのラブコールに並ぶのを許可した~の図が↓。

この時点で9:00、一般公開は9:15から。

またたくまに、

最後尾の行列整理係登場。

その間にも準備作業は進む進む!

揃いの「うどんTシャツ」に「うどん部屋エプロン」がいいじゃないか!!

そう!出汁は今、、、

そして、

できてきたぞ♪

その頃、校外はというと、、、正門へ向かう、ある交差点は↓こんな感じ。

すでに行列の気配が見えるぞ。

入場にもこの行列。一般公開の9:15を待つ、、、

そして、9:15 入場!!!

トランプのゲートはブルゾンだっ!

招待でない場合は、入場時に名前・住所・卒業年などを書き届けなくてはならない。

そして、うどん部屋の行列は、、、

すっ、すごいぞ!人で溢れている~

食券販売開始は9:30。行列を厭うより、懐かしいうどん部屋の限定復活を、楽しみ、そして感謝する気持ちが、場の雰囲気をワクワクさせていたような♫

そして、、、

10:10 食券500食分完売!!!

すさまじい人気ぶりだ。早くに駆け付けた者のみが得られる“黄金のチケット”↓

はピンクでした~。1食300円也!

さて、どんなうどんが頂けるのでしょう、、、、じゃーーーん↓

巨大なチクワ天&イモ天!!!withたっぷりネギ なかなかナイスビューではないか!

うどん販売は続々と続き、

14:00 販売終了!!!

お疲れさまでした~と思いきや、そうそう!ここから後片付けだ。

15:30 後片付け終了!!!

本当にお疲れさまでした!!!そして何より、ありがとう!!!


=番外編=

“桑ケシ”知ってる?

実物はこんな↓だけど、、、

こんな広告?が↓

「桑ケシ」、、、絶賛発売中!!!

桑名高校同窓会 東京支部サイト

桑名高校同窓会東京支部のWEBサイトです。 Many doors are open!