【読書びとサロン】vol.13 リスクの根源をたどる-天才たちが挑んできた“運命論”からの脱却ドラマ 「リスク 神々への反逆」①

タイトル:リスク 神々への反逆

著者:ピーター・バーンスタイン

訳者:青山 護

出版社:日本経済新聞社 


ドラマティックが止まらない!?バーンスタイン・スタイル


まずはバーンスタイン氏の代表的な著作(ベストセラー、ロングセラー)を見ていただくことにします。

①「証券投資の思想革命 ウォール街を変えたノーベル賞経済学者たち」1993年 


②本書「リスク 神々への反逆」2001年


③「ゴールド 金と人間の文明史」2001年


④「アルファを求める男たち 金融理論を投資戦略に進化させた17人の物語」2009年

米金融コンサルティング会社を創業したバーンスタイン氏らしいテーマの著書ばかりです。

そして、氏の著書の大きな特徴が、そのテーマにおける歴史を創りあげてきた “人物” にフォーカスした物語を描いていることです。

副題や、とりわけ表紙にはドラマティックな絵画が使われ、その特徴が十分に見てとれると思います。


専門書や理論書とは一線を画した描き方、それが世界中で読み継がれるベストセラーの所以なのではないでしょうか。

(ちなみに、①ドラクロワ≪民衆を導く自由の女神≫、②レンブラント≪嵐の風景orガラリアの海の嵐≫、③?、④フェルメール≪天文学者≫です。名画に人間ドラマの筆致をのせているのでしょうか。)


本書もそのような旋律で “リスク” をあぶり出していきます。 


≪NEXT≫続き②へ

桑名高校同窓会 東京支部サイト

桑名高校同窓会東京支部のWEBサイトです。 Many doors are open!