【読書びとサロン】vol.18 眼もハートも開く!! 大人も子供も“まさか!?”の学びあり「昆虫戯画 びっくり雑学事典」

タイトル:昆虫戯画 びっくり雑学事典

著者:丸山 宗利 じゅえき太郎

出版社:大泉書店 


目が合った瞬間にLock on!そして・・・


「場所をとらないから」と、電子書籍ばかりを購入しがちな昨今ですが、それでも本屋は心ときめくワンダーランド。

5月某日、そんな本屋で思わず衝動買いしてしまった ‘僕にとっての’ 珠玉の一冊をご紹介します。


まず目を引いたのが本の帯にあった、ちいさなちいさーなつぶやき、ぼやき。

いかにも気弱そうなミツバチ、

「あのそれ、、、、返してもらえません?」

(きっと消え入りそうな声なんだろうなー) 

これでハートを鷲掴みされました。

思わず手にした瞬間お買い上げの運命が決定♪ 


学んでしまった・・・Rock on(サイコー)♪~読み方や感じ方はそれぞれだ!~


中身を見ると、さまざまな虫たちが登場。

人気者のアイツの三枚目っぷり。

嫌われ者のコイツが、お見事!だったり。


知っているようで知らないものです。

「虫は師」、いや、「無知の知」、いや、両方をすとーんと知らされました!


人生も折り返し地点を過ぎると色んな事を感じます。

虫たちの個性に「一生懸命に生きてるんだな。俺も負けずに頑張るよ。」と励まされる一冊です。


変わるも良し、変わらぬも良し。

生きているって素晴らしい。

ぜひ手に取ってみて下さい。

購入したくなる事、請け合いです♪ 

(全部ルビ付き!もちろん子供も喜びます♪)


そうだ!東京ではこんなイベントもあるらしい(うらやましい~)。 

=『昆虫戯画』刊行記念イベント ぼくらは虫を追い続ける=

著者によるトークイベントですね。

聴けばもっと深いのだろうな。

読書人:内田 雅也(桑高39期生) 

桑名高校同窓会 東京支部サイト

桑名高校同窓会東京支部のWEBサイトです。 Many doors are open!