清水優美の『Buona giornata!』vol.2「レッスン開始♬言葉への想い」

こんにちは!

ミラノに来てから、二週間が経ちました(*^o^*)


こちらは湿気が全然ないので、洗濯物がすぐに乾いて嬉しいです!(笑)


実は、9月18日に誕生日を迎えました!

<ルーカ先生のご自宅でお祝いしていただきました!>


たくさんの方からメッセージをいただいたことはもちろん、
イタリアでお誕生日を迎えられたことがとても嬉しかったです。

<幸せで美味しいひととき♬>


毎日たくさんの方との出会いがあり、楽しくて楽しくて、
眠るのがもったいない気がしてしまいます。

<夜のスフォルツェスコ城>


今週から音楽のレッスンや語学学校も始まり、盛りだくさんな一週間でした。


今週は「歌手」の先生のレッスンではなく、
「コレペティトール」という職業の先生から、オペラの曲を習いました!

歌手の先生からは、 主に発声や身体の使い方を習うのに対し、
コレペティトールの先生からは、曲の理解(オペラの時代背景や登場人物のキャラクターなど)を深めたり、歌詞の発音などを教えていただくことができます。


日本では、あまりコレペティトールの先生から学ぶ機会がなかったので、
目から鱗のようなアドバイスがたくさん!!!


<スカラ座にオペラを観に行ったときの一枚>


そして、語学の重要性も改めて実感しています。


歌は、言葉を紡いでできている訳ですので、
歌の練習をするという前に、詩を読む時点で語学ができることは大前提なのですが、
歌う段階になると、ある何かを感じ、言葉として表現され、言葉として伝えられていきます。

言葉を感じられるだけの大きくて豊かな器というか、人間性というか、経験というか、、、
 ”自分の内面にあるもの” がかなり演奏に出てくると思っています。


また、本当の意味で言葉を理解するには、
その言葉が生まれた国、環境、気候などを知ることも大切な要素だと思います。


これらのことを感じられるふくよかな世界観(←まだまだ未熟な私が使うのも何だかもったいない表現なのですが・・>o<)をつくっていけたらと想いながら、語学を学んでいます!


なんて語っちゃいましたが、実際の私は、いざ舞台に立つと、
発声や姿勢が崩れていないか、歌詞の暗記は大丈夫か(笑)などなど、
心配事があれこれ頭をよぎり、歌(言葉)の持つ壮大なスケールを前にしては
なかなかパーフェクトにはいかないものだったりします(>-<)


<今年2月GinzaSOLAでのコンサートにて(この時は清々しい表情をしています笑)>


・・・・と色々語ってしまいましたが、


オペラやクラシックのコンサートが終わったあと、
素晴らしい演奏の後には、客席から「Bravo!(ブラーヴォ!)」の歓声があがるのを聞いたことがありませんか?


<今年3月 川崎チッタデッラでのイベントにて>


 ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
イタリア語は、男性・女性によって語尾が変化するので、


男性向けには「Bravo!(ブラーヴォ!)」

女性向けには「Brava!(ブラーヴァ!)」


そして、さらに素晴らしい場合には、、、


男性向けには「Bravissimo!(ブラヴィッシモ!)」

女性向けには「Bravissima!(ブラヴィッシマ!)」

になります!


ぜひ、コンサートに行かれる機会があれば使い分けてみてください\(^_^)/


私も、いつかみなさんに「Bravissima!」と言っていただける日が来るように頑張ります!


では、また!

<つづく>

前 vol.1(目次頁)へ

次 vol.3へ


☝今日のイタリア語☝

「Brava!」

(ブラーヴァ!)は「良い!」「いいね!」「good!」

一人の女性に向けた賛辞です。

同じ意味でも男女や単数・複数によって語尾が変化します。

一人の男性に向けては、「Bravo!」(ブラーヴ!)

複数の男性 or 男女混合の場合は、「Bravi!」(ブラーヴ!)

複数の女性ばかりの場合は、「Brave!」(ブラーヴ!)

となります。



桑名高校同窓会 東京支部サイト

桑名高校同窓会東京支部のWEBサイトです。 Many doors are open!